×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガルシア=マルケス――『予告された殺人の記録』について
掌に掴めるもののすべてにちかい――単簡なぼくの日常
昼下がりの太陽がテーブルに――待ち合わせのスローボート
備忘録――『反哲学入門』とか『孤独の発明』とか
男とはどういう生き物なのか?――ドストエフスキー『やさしい女』について
眠っている時間――いま、ぼくのいる場所について
そこにいない人を思い出す契機――村上春樹『午後の最後の芝生』について
宙返りする矛盾――大江健三郎『宙返り』について